読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中年こそだて自由帳

子宮筋腫と子宮腺筋症合併妊娠から高齢出産しました。現在、育休中のこそだて日記いろいろ。

トットひとり感想 青春と死の匂い

読書

トットひとり

トットひとり

今週のお題「私のタラレバ」

お題よ…たまたま前々回の投稿と同じだった。
しかも締め切り過ぎた。


この世界の片隅に、にある「選ばんかった未来」であり、カルテット、にある「6000万当たったら」でたりますな。
誰かこれに絡めてうまく書いてくれるのを期待。
自分じゃ無理なので(^_^;

さて。

昨年末から読書をするようになりました。
専門書をまとめ読みするつもりが、いや、今だからこそ他のを読もう!と興味の赴くままに、たどり着いたのが、タレント本。
黒柳徹子さん、杏さん、栗原類さん、雨宮塔子さんのを立て続けに読みました。
そっから抜群の面白さ、トットひとりの感想です。
…タレント本てくくるのは不適切か。

昨年、「トットてれび」にハマりまして。
トットを演じる満島ひかりを通じて黒柳徹子さんに夢中になりました。
原作のひとつである「トットひとり」を図書館で手にしました(公民館のミニ図書館。ベストセラーコーナーにて…数年前のが回ってくる)。

読んで号泣。

彼女の大切な人たち、渥美清森繁久彌向田邦子永六輔…との、キラキラした出会い、美しく楽しい青春と成熟、晩年、そして永遠の別れ。
あの徹子さん口調で書かれて楽しいのだけど、通底する巨大な喪失感。濃厚な死の匂い。

トットさんは、彼らを愛して彼らに本当に愛された。
わたしはまだ大切な友人を亡くしたことはありません。
祖父が晩年、「また友達が死んだ」と日本酒臭い息を吐きながら嘆いているのを冷ややかにみていたのを反省しました。

友人が亡くなるのは自分の時代が少しずつ消えて行くような感覚なのかと思った。
自分の一部が失われていくような。
若くて愚かで夢中だったあの頃を知っている人がいなくなる。
年配の自分しか知らない人に囲まれて生きる。
すごく怖い。
先にいかないで、連れていかないで、祈っても、去っていかれる無情。

毎日、徹子の部屋で見せる明るい笑顔の裏にはとてつもない出会いと別れがあったのだと、リスペクトを深めました。

出会いと別れの話だけでなく、テレビ創成期のこと、37才で単身ニューヨーク留学したこと、恋バナ、と盛りだくさん。
抜群のキュートさと叙情性が同居しておりました。
表紙は、トットてれび、にもでてきた篠山紀信が撮ったヌードの徹子さん。美しい。
本書の中の写真も粒ぞろいで素敵。

とっても読み応えがありました。

育休中のお友だち付き合い

育休生活 思うこと

赤ちゃん8ヶ月が過ぎ、育児主婦生活にすっかり馴染んでおります。

懸念していた、いわゆるママ友。
ママになってからの子どもを込みでのお友だち付き合いは、思った以上に良いものです(´▽`)ノ

わたし、コミュ力あったんや…と発見。

さらにしばらく疎遠だった友だちとの付き合いが復活したり、近所の義母との付き合いが深まったり、地域ボランティア仲間に入れてもらったり、仕事関係と離れた分を補償してくれている感じです。
自分が求めているというか。
不思議とこちらが育児休業中とは知らず懐かしい友だちから連絡が来たりも。

まずはママ友について。
名前をなくした女神」が好きで(杏さんのファン!このドラマ面白かった)私の中ではこのイメージ。
ボスママ木村佳乃、病んでる尾野真千子、コワいりょう、ヤンキー倉科カナ…こんな中にはやってけん(。>ω<。)
いま人気の高橋一生もDV夫役で出てました。
ワクワクして毎回楽しんだ。

最近では「硝子の塔」も少し観てました。
正直、面白くなかった( -_-)
面白くなりそう、なまま、ご都合主義で豪華キャストの無駄使いでした。最終回ひどかったなー。
認知症なめんなと思いました。
ここでもママ友バトル?が繰り広げられました。

とドラマでのドロドロママ友バトルに恐怖でしたが、全然違いました!
そもそもタワーマンションではない。
都心ではない。
そして、ドラマは誇張しているという単純な事実。

わたし周辺は至って平和。
母親教室で知り合った方を通じて子どもセンターで数人のお友だちができました!
ラインで情報交換したり、センターのイベント行ったり、近所にお茶しにいったり、先日はわが家にお招きしてのんびり過ごしました。

何とも嬉しい。

ずっと仕事中心の生活で友人は学生時代からの人たちと仕事関係者がほとんどでしたので、まったく別ルートから色んな年齢、背景、キャラクターの新たな出会い!
文字通り世界が広がりました。
仕事関係はどうしても役割意識が抜けなくて心からリラックスして付き合えなかったのが、ただの子育て主婦同士のシンプルなお付き合いに。
年齢はわたしが上ですがあまり気にしないようにしてます。
たぶん若い方のほうが上の人に話しかけにくいので、こちらが楽な気持ちで話しかけるように。
年長だからと卑屈にならず上からにもならず、ふつうに。
たまたま素敵なお仲間に恵まれた。
思いがけないラッキーでした☆
子育て友だちとの楽しみには、大人同士の話だけでなく、お互いの子どもの成長を見ること。
わたし友だちの子の大ファン(笑)みんな可愛くて彼らに会いたいのも集まる理由のひとつ。

そして旧友と。
仕事を週5.5日の生活を14年続けてきた私。
日曜は家事と静養と買い物で終わり、友だちと疎遠になりがちでした。
とくに転職したり子育てで主婦になった友だちとはなかなか時間が合わず…
それがやっと時間が合いました!
旧友だけでなくゆっくり会いたかった仕事仲間とも、赤ちゃん紹介を兼ねて自宅にきてもらうことができるように。
夫と共通の友だち、子持ちの親戚とも会えました。
これまでとは異なる距離感との付き合いになる予感です。
SNSの普及のおかげで、数年ぶりでも近況がわかって久しぶりな感じはしない。
また、転居を予定している遊び仲間ともすごく久しぶりにライブに行くことまでできた!
10年前によく出かけたミュージシャンが新メンバーを迎えたライブ、最高でした。
赤ちゃんは夫に任せて。ついでに軽くBARにも寄ってしまいました(^o^)ノンアルです。

5月の復職まで、まだまだ会いたい友と再会を計画中。
思いがけない育休生活になってます。

けっこう人とのつながりを求めるタイプみたいです。
ブログでのコメント等を通じたお付き合いも楽しいです。
読んでくださりありがとうございます。

これからママ友に不安をお持ちの方、大丈夫ですよ!(たぶん)とお伝えしたいです(*ゝω・*)ノ

東京タラレバ、生後8か月!

お題 育休生活 子育て

今週のお題「恋バナ」

東京タラレバ娘、ドラマをみましたよ!
アラサーのときはすでに夫と交際していたため、タラレバ娘のような女子会はなかったなーと思いつつ。

二十歳半ば過はあんな感じでした。
同年代の同僚や友人と飲んでましたなぁ。
仕事は軌道に乗り始め少しお金もできて世の中を知った気分になり、ちょっと渋い居酒屋に繰り出しておりました。
話題は、恋バナ。
仕事のグチを少々。

ひどい失恋に立ち直り、ちょこちょこ気になる男性たちとメールしたりデートしたりの最後の恋愛模索期。
そのときのひとりが夫。
わたしの今のところ最後の恋は夫。
幸せなような悲しいような。

タラレバ娘的にいえば、あのとき夫と付き合ってなかったら、他の人と付き合っていれば、一体どうなってただろうか。

ちょっと考えてみると、

やー、ないわぁ!!!

今がベストと思えます。

たぶん他の人とは結婚しなかっただろうし、すぐ別れるというか振られて、仕事に邁進、そして仕事で行き詰まって、ポジティブに動けば大学院進学、ネガティブならば適応障害発症…
な気がします。

33才を自分なりの節目にしていて、そこで夫に決断を迫り、結婚しました。
33才で、結婚、マンション購入、進学、実家へUターン、どれかを選ぼうとしてましたので。

そして時が経ち、四十路を手前にして、赤ちゃんができて三人の暮らしになりました。
恋バナを繰り広げた同僚は、全員!!!結婚して子持ちになりました。
これは予想外かも。
意外とシングルもDINKSもいなかった。

赤ちゃんを見ていると本当に可愛く愛おしい。
ほっぺにチューとしながら、
「君もいつか好きな人できるの?」
「すきな人とチューするの?」
と聞いてしまう。

赤ちゃん、わからずニッコリ。

今はわたしにゾッコンの赤ちゃん。
いつかママより好きな人ができて恋をしてしまうのだね。
それは喜ばしいことです。

恋バナを打ち明けられる日はくるのかなぁ。
幼い恋か本気の恋か。
恋バナをしあう友達ができればいいと思う。

8か月の成長記録を書くつもりが恋バナコラムで終わってしまった。

すっかりママのわたし。
いつかもう一度恋をするのかなぁ。
期待と不安。

母乳あげながらそんなことを思うふとどきものです。
心は自由だ!!

朝はパン(パンパパン)

思うこと お題

今週のお題「朝ごはん」

ほとんどパンです。
食パン一枚。
コーヒーか紅茶を一杯。

赤ちゃんには
母乳15分

以上です。

…これでたくさん書けるブロガーさんすごいな。

せっかくなので少し書き足し。

おすすめのパン屋さんは、チクテベーカリー。
多摩地区の名店です☆ハード系のパンがともかく美味しい!
他にはない旨み、癖になる。
パテもサンドイッチも美味しいです。
店員さんは親切。
行列できてます。

http://cicoute-bakery.com/
cicoute-bakery.com


ここのパンのセットをイートインもしくはテイクアウトにしてカフェオレと一緒にいただくのが最高。
店内も居心地良いです。
近くで野菜を売っていて大きいスイカを買って帰ったこともありました。
秋は近くの紅葉を見ながらお散歩をしました。

駅から歩こうとすると団地の迷路に迷い込み出られなくなるキケンです!
新婚のとき、迷い込んでグルグル歩いた思い出。
あれは楽しかった。
寒い夜だったけど、途中イライラしていたけど、夫といると大丈夫な気がしました。

先週のお題にのっかれず(´-`).。oO

今年やりたいことは、

マラソン
復職して仕事で実績作り
俳句

です。

運動を始めたい。
アルツハイマー病の原因というタウタンパクの蓄積が始まるのは40くらいからとか。
60代から始めても一次予防には手遅れ。
そろそろ始めなくては。
赤ちゃんのために健康でいる努力をしていきたい。

ブログをぼそぼそを続けることも、やってみたいことです。

読んでくださる方々ありがとうございます。

この世界の片隅に 生活する私たち

読書 思うこと お題

いつもは子育てブログですがたまらず書きます。

この世界の片隅に

f:id:yo445ky246ra:20161228135106j:plain

とにもかにくも傑作!!!!
夫に赤ちゃんをみてもらい一人鑑賞してきまして。
昨年のマッドマックス怒りのデスロードに続いて歴史的な名作をリアルタイムに観ることができて幸せです。キネマ旬報ベストワンのニュースが飛び込んできましたね。

いろんな記事があるなか、NHKのこの特集とユアタイムの片渕監督と市川紗椰さんの対談が印象に残りました。

www.nhk.or.jp

のん、能年玲奈さんのインタビューも。
こうしてみると、すずさんとは性格も見た目も違う。
なのに劇中では重なる…
史上最高の朝ドラであるあまちゃん、史上最高のアニメというだけでなく映画史上に残る傑作とまで言われる本作に主演する、まさに選ばれしスター。

www.fujitv.co.jp

2016年は市川紗椰さんに惚れました。
美と知性とマニア魂をこれほど併せ持つ奇跡!!!
みんな過小評価ではないですか?
これまで、アナウンサー以外で毎日夜の帯番組ひとりMCを務めた人がいたでしょうか?
大橋巨泉くらいしか浮かびません。

どんな話題にも対応する知性、曲者コメンテーターとしっかり者の局アナとも絡むバランス感覚、緊張しているようで絶妙な力のぬけ方、毎日のコーディネートの着こなし(とくに柄ものと難しい丈のスカートがハマる)、市川部屋でみせる相撲愛…。
アメリカ大統領選挙取材でも、噛んだとか、なんだかんだ言われましたが、素晴らしい臨場感溢れるレポートでした。
モーリー・ロバートソンが彼女とのやりとりで、鋭い指摘を受けて嬉しそうにしていたのも印象的。あのとき着ていたコートが可愛かった。
フジテレビは不人気な最近ですが、こういう抜擢をするから、侮れません。

話は戻って。
この世界の片隅に

2016年にこのブログで最もアクセスいただいたのが、こちらでした。
akamax.hatenablog.com

本作とこのパターンランゲージに共通するのが、生活の尊いことを描いたこと。
子育てどっぷりの下半期で、生活をすること、何があっても家事をして子育てをして、その繰り返しが自分たちを作っていることを感じました。
たとえ戦争があっても震災があっても生活は続く。
生活が脅かされるようなことはできる限り避けたい。
そのためにどうしたらいいか。
答えはでなくても考え続けていきたい、生活を営む価値をいつも忘れずにいたい、と思います。

さて、次はいつもの子育てブログに。
今週のお題、間に合うかなぁ。

背中スイッチへの2つの対策!!

育休生活 子育て

置いたら泣く(。>A<。)

さっきまでは抱っこであんなにスヤスヤ寝ていたのにー!!

そんな繰り返し。
いわゆる背中スイッチです。

悩まされていたある日、夫が発見しました。

「布団が冷たいからじゃないのー?」

たしかに私たちも布団に入ると冷たくてヒヤッとしてすぐには寝付けません。
あったまってから、寝る。

そういや寒くなってから背中スイッチは敏感になってる!!

ということで、布団を湯たんぽであっためるようになりました。

すると。

……(寝た)←小声

背中スイッチ起動せず。
スヤスヤ継続して、そのまま朝まで寝続けました。

やった!

最近はこれでスムーズな寝かしつけでございます。
夫の発見のおかげ。
やはり観察が大切なんですね。
そして原因を知り試してみること。
ひとりじゃ気がつかなかった。

やられてる方いますかね?
うちの子だけに有効なのか?
どうでしょう。。。
良かったらお試しください☆☆
湯たんぽは、早々に赤ちゃん布団から出すようお願いします。低温火傷が怖いですから。
うちは置いたら速やかに大人の布団に入れてます。

そして二つ目は、Eテレ「すくすく子育て」のサイトで見つけた、「お腹スイッチ」寝かしつけです。

www.sukusuku.com

http://www.sukusuku.com/contents/60436

スイッチは実はお腹にあった!という。
専門家の先生による解説と具体的な寝かしつけ法が、けっこう使えます。

ここの基本を押さえて、姿勢を変えずお腹に触れながらそーっと、そして布団はあっためておく、というのが、わが家のたどり着いたベスト寝かしつけです。
現時点で。
今夜もこれで一発寝かしつけに成功!
おかげでゆっくり読書とネットを楽しめました。

しかし、さすが公共放送。
Eテレはいい仕事しますね。
いまや夕方から夫が帰るまでずーっとEテレっ子です。

このへんはまた別で書いてみます。

みなさまに穏やかな夜が訪れますように☆☆

育休中のライフワークバランス

育休生活 思うこと

先月のパターンランゲージソングについてのエントリ、製作者の方にご紹介いただいてアクセスがビューと伸びておりました!
嬉しい…

akamax.hatenablog.com

製作プロジェクトの方々に感想が伝わり喜んでいただいたことも嬉しかった☆
思いを返すことは意識してやっているので、ときに空振りはあっても、やり続けたいと改めて思いました。

子持ちになり新たな自分探し…というと何か違って、新たな自分を作ることがこのブログの通底するテーマかも?と気づいたりもしました。

ともかく出会いに感謝!
ささやかでも記録&発信!
を大切にしたいです。
素直にがんばって書いたので読んでくださると嬉しいです。

さて。

上記のように少しずつ社会参加を始めています。
9月に学会、10月に自己研鑽研修、11月にORFワークショップ、そしてプロボノとして地域連携の会議に出席しました。
話のテンポについていけなかったり、準備に手間取り遅刻したり、と育休前と同じにはいけないけど、まぁまぁの適応をしています。
会議には赤ちゃん連れて行きあたたかく迎え入れてもらい感激しました。高齢者関係の連絡会議でしたが、リーダーの方がうちの子を「最年少のボランティアメンバー」と紹介してくださいました。
なんと(´;ω;`)
ボランティアだから可能な子連れスタイルかもしれないけど、仕事もこうあればなと、リーダーへのリスペクトを深めて、その姿勢から大いに学びました。

そして、12月にボランティア向けの講義、1月に友人がつとめる大学の講義にゲストスピーカーをさせてもらうことに…

この二つ。
同じ内容を、ボランティア向け、学部生向けにするもので、過去ともに一回したことがあります。
まったく同じにやってもいいのだけど、せっかくなので、新しい知見をいれて、やり方も工夫してやろう!と思い立ちました。
欲張り??

ひさびさ自宅パソコンを立ち上げたら

バッテリー続かねえ!

資料をみてレジュメ作ろうとしたら

要約が下手!

少し要領を思い出したら

赤ちゃんえーん!!

おっぱいあげて再開したら

赤ちゃん再びえーん!!

…そして夫が帰宅して、夕飯準備。

なかなか進まない。

思てたんと違う。

というか、もともとこんなもんやと思いました。

いつも仕事はそんなスムーズにいかないし、すぐ脱線したり、要領よくいかなかった。

地道にやるしかないです。

時間の作り方は意識して、やれることをやれるときにやる。
これは家事も仕事も育児も同じ。

目標は適度に設定して完璧主義はほどほどに。
今の自分がどんなもんか、まず試してみます。

日曜のボランティア向け講義にむけてがんばれわたし。
ドキドキのワーママデビュー。