読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中年こそだて自由帳

子宮筋腫と子宮腺筋症合併妊娠から高齢出産しました。現在、育休中のこそだて日記いろいろ。

出産育児休業に向けて

妊婦日記

あと3か月で出産育児休業にはいる。
今の職場は11年目で部下数人のリーダー。
小規模チームを率いて奮闘している。
最近の業績はまずまず。

とにかくここ一年は組織の管理職や他の部署との折衝交渉調整をずーっとやってる。
そこのストレスがいちばん!
日々の仕事と研究やりつつ。
部署自体が新しくベースは出来ていても試行錯誤の繰り返しだ。

そんな中での休業なので後任に目下引き継ぎ中。
ともかく体制継続を第一に、4月下旬の休業入り予定でも、年度前から新体制を作っていくべく。
目標設定を粛々とやってる。
スタッフに恵まれているのが何よりだ。

ひとり求人を出して補い、戻ったら部署が厚くなるようにと、上が決断してくれ、欠員出なくて良かった。まだ決まっていないが……

育休というが、休暇ではなく休業なんだな。
ホリデーではない。毎日育児!一年の予定。
仕事は休日あるけど違う。

経験者にきくと様々な答えが返ってくる。

寝れなくて大変だよ
楽しいよー
意外とヒマで資格とった
あっという間
長くて持てあます
公園に飽きる
焦るよ

どれも真実なんだろう。

そしてのど元過ぎれば熱さ忘れる、というように、リアルな感覚より、過ぎて整理されての感想の、一部なんだと思う。

夫には、すぐに仕事したいと言い出しそう、と言われている。

今は月10日以下なら休業中も働けるみたいだけど、止めておく。
子育てに専念ていうと大げさだけど、20台30台の大半を仕事に費やしてきたから、家庭で過ごしてみるつもり。

尊敬する先生には、家庭の段取りつけることは仕事と共通する、と言われた。
ただのブランクではなく、仕事にも少し反映できる意味ある休業期間になるといいなと思う。欲張りすぎか。そのときは夢中で、何年かたってふと先生のような感慨をもてるのかもしれない。

人生のなかで毎日子どもといられるのって一年て短いな。

その先には仕事と家庭の両立ていう難問が待ってるみたいだけど、まだ先なのであまり考えない。
無事に生まれてきてくれることだけ。
今の母体としてのわたしに出来るのは、体調管理くらい。
社会人としてのわたしには速やかに身を引けるように周りを信じて準備をすすめるくらいだ。