読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中年こそだて自由帳

子宮筋腫と子宮腺筋症合併妊娠から高齢出産しました。現在、育休中のこそだて日記いろいろ。

6ヶ月健診 筋腫の行方…

6ヶ月健診に行きました。
休みとれた夫も同行。エコーが面白く見たいらしい。一緒にいくと説明の手間が省けるから助かる。

結果は、順調。
ホッとした。
440グラム。前回の約3倍になってた。
すごいペースだ。

気になる筋腫は、赤ちゃんの手前(頸部)にあったのが、今は腹部エコー経膣エコーでも見えないと。
子宮が大きくなるのに従って、一部石灰化して赤ちゃんの後ろ側に。少しお腹が堅いところ。
変性して大きくなって痛みが出るリスクを言われてびびっていたけども、石灰化??調べたら高齢者や閉経後に起こりやすいとか…高齢者(@@;)
変性して腐ることがあると言われたのはこのことか。

栄養が赤ちゃんに行って、筋腫が弱体化したってことかな。
胎嚢だったときはほとんど同じ大きさだった筋腫。赤ちゃんいまや大逆転!

今の状態なら、経膣分娩できるかも?と言われた。
すっかり帝王切開と思ってたから意外だ。
むしろ心の準備ができていない。
スルーしようと思ってた母親学級に申し込んだ。

どちらかによって産前休暇の時期がかわる。
経過みてMRIをとってどちから決めていく。
腺筋症は相変わらず奥に鎮座。

そして育児休業のとりかたを夫と相談しなくては。ひとつひとつだ。