読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中年こそだて自由帳

子宮筋腫と子宮腺筋症合併妊娠から高齢出産しました。現在、育休中のこそだて日記いろいろ。

焦り… 仕事の整理のこと

思うこと 産後

3日ぶりお仕事へ。
かねてからの検討事項がなかなかの膠着を見せていた。
休み中も頭にあって夢に出たくらい。
仕事の中身より関わる人への様々な思いが私を苦しめている。
うまく切り離して考えたいところ。
罪を憎んで人を憎まず。
罪でもなく考え方のちがいだ。
ともあれ一歩前進した。

仕事関係の研修のまとめ役をやっていて、そちらは割とうまく引き継ぎしていたつもりが、まったく反対であった。
いい加減に誤魔化そうとされていた。
後輩にあたる人に対して、改めてやり直すよう連絡するやりとり。
んー、役割とはいえ、どうしても不備を指摘せざるを得ず。言われた方は責められたようにおもうよね。もう関西人特有のさりげなーい嫌みを控えてるつもりが、指の隙間からハラハラとこぼれるメールになってしまった。
いちおうの妥協点を見いだすことができた。
明日もう一踏ん張り。
私の大人力が試されてる。

仕事をする上で、誠実であることが私のモットーである。意識高い系?はずかし。

でも10年以上、仕事してきて自分はそういう思いで取り組んでも、多くの人は必ずしもそうではなく、その場をいかに凌かで終わることを、よくわかってきた。私もミスしたりサボることもある。
no ones perfect.
正しさがときに負担になったり傷つけることもあるので要注意だ。

そんなときは少し離れたり時間をかけることで、ふとした拍子に望むとおりの結果が転がり込む。
しかし3ヶ月後に休業を控えているので、つい結果を求めてしまう。待つ余裕がない感じ。
できるだけ後任に持ち越さないようにの思い。
今のうちに圧力をよけて整理しておきたいと思うのだけど、逆に私の焦りが圧力を生んでるところもあるかもしれん。

もう、完投は諦めて、リリーフピッチャーにまかせて、延長戦にもちこむか。
うちのリリーフはなかなかのもの。
若くて荒削りだけど意外とクール。
二番手、三番手も通用する。
ほかの部署に休業を伝えがてらきいたら、大丈夫!との返事。
ありがたい、周りの味方を大事にしておこう。

大丈夫な気がしてきた。
ストレスになるし。この辺で。

今回は産休育休の一時休業だけど、年をとるとこれの繰り返し、もっと大きな転機、喪失を体験していくのだろう。
子育てなんて仕事以上に思い通りにならんことばっかりというし。

迷って葛藤しながら、良かったんだこれで、と数年後、10何年後にふと思えるようならいいや。