読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中年こそだて自由帳

子宮筋腫と子宮腺筋症合併妊娠から高齢出産しました。現在、育休中のこそだて日記いろいろ。

アラフォーアラサー妊婦がたくさん

妊婦日記

アラフォー、アラサーて言葉は便利!
三十路四十路はなんかなぁ(;´Д`) 
わたしの勤める病院は、アラフォーアラサー妊婦がけっこういます。
私みたいに初産も二人目三人目も四人目も!再婚組も。また中国人ナースも何人か。
職場の送迎バスには一人以上マタニティマークの人がいるくらい。

なので割とみんな妊婦慣れしていて、総務課の産前産後休業届けの説明も手慣れたもの!
給料は渋いけど福利厚生は最低限ながら手堅いので安心できる(*^^*)
院内に保育園があって、だれでも利用できます。
わたしは通勤が遠いので今のところ近所の認可保育園希望だけど叶わないなら車通勤にして院内保育園を考えています。

日本しね!!
落ちたの私だ!!
騒音で建設中止!!

と俄かに保育園問題が注目を浴びる中で妊婦生活を送って、これまでよりニュースを真剣にみる。

戻る職場が確保できてるのはありがたいけど、どんな形の復職になるかはまだ闇の中。
これまで通りフルタイム管理職になるのか、マミートラックに乗っていちスタッフになるのか、それとも転職、退職か。

やるだけやってきたし将来のUターンのため転職もいいのだけど新しいところで乳飲み子がいると休みが取りにくい。今までなら職場の理解があるし保育園もある。

バリキャリだったドクターはまさにマミートラックでワンダウンした働き方。まさに葛藤しまくって、目の前のことを淡々との精神でなさってるとのこと。
尊敬する三人子持ちのナースは一度やめて復職して、管理職ロードをひた走っている。ただし子どもは放任(@@;)
わたしと同じコメディカルは、二人目復職後、ひとりは管理職おりてしばらくで退職、ひとりは時短勤務ながらさらに昇進。

自分が仕事に何を求めているのか、現実的には、何ができて何ができないのか、改めて考える機会となりそう。

昨日は仕事上でいろいろあってネガティブな感情もっていた人に、会議の場で「これまでお疲れさまでした」、と言われて嬉しかった。驚くくらいホッとした。
去年から部署間のやり取りで神経すり減らして個人レベルで苦手にしてしまってた。
労われて、わたしはこの人に認められたかったんだと気付いた。
仕事内容でも意図することが伝わって、同じ方向を見いだせた。
思い残すことなく後任に引き継いでもらえそう。

あと一週間!