読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中年こそだて自由帳

子宮筋腫と子宮腺筋症合併妊娠から高齢出産しました。現在、育休中のこそだて日記いろいろ。

妊婦本~育児本 

読書

穏やかな産休生活を送っている。
半日活動、半日昼寝などゴロゴロ。

朝、朝食、夫を送り出し
午前、洗濯、軽い掃除
お昼ごはん
午後、軽い買い物と散歩、昼寝
夜、夕飯、お風呂

これらの合間に本を読んだりスマホ、テレビ、YouTube、録画、SNSなどメディアに触れる。
余裕あるとき手芸に励む。

妊娠発覚からいつも傍らにあったのが、こちら。
高齢妊婦のかゆいところに手が届く良書。

f:id:yo445ky246ra:20160513085254j:plain

ネットの真意不明の情報ではなく、しっかり医療監修つきのこと、35歳からのはじめての妊娠・出産、とタイトルにまさに!!と妊娠発覚直後に購入した。
マタニティ本にありがちな可愛すぎではなくて良い。毎週みて不安なことを調べたり、今の段階がどんなか確認したりした。
当初は本の前半でまだまだ出産はほど遠くて、途中で妊婦生活が終わることも想定しながらだった。
ちゃんとハイリスク妊娠であること、妊娠中トラブルのことを明記してある。
妊娠中、出産、その後の回復にも子宮筋腫と子宮腺筋症が影響することが繰り返し出てくる。
高齢出産のよいところ、体験談も適宜織り込まれていて、偏ってなくていい感じだ。
ネット情報や雑誌だと、サプリやアロマ、矯正器具を売りつけようとしてくるけど、こちらは大丈夫!

最近読みはじめたのはこれ。

f:id:yo445ky246ra:20160516145834j:plain

森戸やすみ先生による明快な文、栗生ゑゐこ先生イラストのたくらみ顔の赤ちゃんがたまらない!!
赤ちゃんのしぐさ あそびと成長のスタディブック。
赤ちゃんを育てるたいへんさ、面白さ、かけがえなさが読んでいて伝わってくる。
ちょうどよい距離感の本。
今は生後すぐのところペラペラ見ていて、うちにこんな子が来るんやーと想像…
遊びに来てくれた友人赤ちゃん、親戚の子の月齢に合わせてあとでおさらい。へー、ほんと!その通り!と勉強になる。

生まれたら読む余裕ないのかな。
ネット情報もいいけど、ある程度お金を出して確かな情報を得るようにしたい。