読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中年こそだて自由帳

子宮筋腫と子宮腺筋症合併妊娠から高齢出産しました。現在、育休中のこそだて日記いろいろ。

退院から一週間

産後

早いもので、私は退院から一週間。
赤ちゃんとの生活は五日目に入りました。

赤ちゃんは、毎日母乳とミルクを飲んで、少しずつぷくぷくしてきて、益々可愛い。
帝王切開の傷はだいぶ癒えて、動きがスムーズになり、洗濯や食器洗いもできるようになりました。

退院当初は赤ちゃんを病院に置いてきたようで、今ごろ泣いてるかなーと想像して自分を責めたり、病院に落ち度があったのでは?と疑心暗鬼になって、周りは退院を祝ってくれるのに、ひとり布団で泣いてしまいました。

それでも、面会ごとに大きくなる姿に励まされ、またナースたちの温かい対応に、これでいいんだ、と思うことができて、感謝を取り戻し、退院から今の生活に移行できました。

授乳は母の手を借りて、赤ちゃんの下顎をエイ!と開いて飲ませられるようになってきました。
おっぱいを放り出して、母にも夫にも何の羞恥心も感じない…
赤ちゃんと四苦八苦して乳首を吸わせ、そのあとはラブラブ授乳タイム。
キューと吸われて頭はぼーっとしてくる。恍惚?多分なんかのホルモンが放出されてるのだろう。
出したあとは、疲れて、母か夫にミルクを飲ませてもらい、私は放心してだらんと寝る。思った以上に、エネルギーつかう。
だんだん慣れてひとりでこなせるようになりたいものだ。

エイデンアンドアネイズのモスリンコットンはおくるみ、ケープにと大活躍で、もう1セット買うことにしました。
これはオススメ!!柄もお洒落で嬉しい。
毎日部屋着と半裸の生活に西欧のエッセンス?!

不安はたくさんあるけど、目の前の命に、やれることをやってこうと、この時間を大切にしたいと思う日々です。