読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中年こそだて自由帳

子宮筋腫と子宮腺筋症合併妊娠から高齢出産しました。現在、育休中のこそだて日記いろいろ。

男性育休の夢が叶う!!!

育休生活 子育て

やりました!!

来年わたしが一年の育休を明けたら、夫が次年度保育園まで育休をとれることになった!!!

公務員なので3歳までとれるようになっているんですよね。
しかし、某地方自治体では男性は子ども1歳を超えてとった人はおりません。

あー、公務員は( -_-)

て意地悪思わないでくださいませ。

無給!!
手当てなし!!

です。

職員として籍は置いておくけど、保険も年金も税金もちゃんと払います。

育休をとるのが夫が大学生からの夢でした。
結婚式の誓いの言葉にも織り込んで、両家と上司、同僚、友人にも宣言しておりました。

そのときは笑いが上がってたけど大本気。マジです。

産後2ヶ月の育休をとったとき、これも調整がたいへんでした。妊娠してからずっと周囲に言い続けて業務を調整…ずいぶん残業をしていました。

1歳からの育休の申請はもっとたいへん。まず前例がないので、法令を調べて書類を探して(人事もよくわかっていない)提出。表立って反対はしないけど、夫にいてほしい上司には何度も面談を重ね、管理部門にかけあって…書類の不備やら見えない圧力を乗り越えて、ようやく昨日、ゴーサインが!!!

並行してやっていた保活は終了。取り下げにします。
他の方に枠を譲らなくては。

再来年入園となると厳しいのは承知、私のみの収入になると、生活が厳しいのは承知です。
夫の昇進が滞るのも。彼の場合はあまり昇進に興味ないのでこれは大丈夫…と私には言いますが…

ここは高齢出産のメリットか、貯蓄はそこそこあるので何とか乗り切ります。

嬉しい。

そして、わたしが唯一の稼ぎ主になるので、身体を壊さずにしっかり働かなければ!
緊張感です。
一人暮らし独身のころよりズッシリくる収入へのプレッシャー。
結婚してからは、辞めてもどうにかなる、という余裕がどこかあったけど、もう甘えてられまへん。
会社にしがみつくミドル社員の気持ちが分かるようになりました。

夫がみてくれるので残業も出張もできる。昇進できるかしら。一年ブランクあるから初めは苦労するかな。

ありがたい…というか、これ男女反対なら、感謝というよりごく普通じゃないか。

サラッと男女とも育休とって復帰して働き続けられる世の中になってほしい。
まだ珍しいわが家のケース。
さてどうなりますやら。