読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中年こそだて自由帳

子宮筋腫と子宮腺筋症合併妊娠から高齢出産しました。現在、育休中のこそだて日記いろいろ。

東京タラレバ、生後8か月!

お題 育休生活 子育て

今週のお題「恋バナ」

東京タラレバ娘、ドラマをみましたよ!
アラサーのときはすでに夫と交際していたため、タラレバ娘のような女子会はなかったなーと思いつつ。

二十歳半ば過はあんな感じでした。
同年代の同僚や友人と飲んでましたなぁ。
仕事は軌道に乗り始め少しお金もできて世の中を知った気分になり、ちょっと渋い居酒屋に繰り出しておりました。
話題は、恋バナ。
仕事のグチを少々。

ひどい失恋に立ち直り、ちょこちょこ気になる男性たちとメールしたりデートしたりの最後の恋愛模索期。
そのときのひとりが夫。
わたしの今のところ最後の恋は夫。
幸せなような悲しいような。

タラレバ娘的にいえば、あのとき夫と付き合ってなかったら、他の人と付き合っていれば、一体どうなってただろうか。

ちょっと考えてみると、

やー、ないわぁ!!!

今がベストと思えます。

たぶん他の人とは結婚しなかっただろうし、すぐ別れるというか振られて、仕事に邁進、そして仕事で行き詰まって、ポジティブに動けば大学院進学、ネガティブならば適応障害発症…
な気がします。

33才を自分なりの節目にしていて、そこで夫に決断を迫り、結婚しました。
33才で、結婚、マンション購入、進学、実家へUターン、どれかを選ぼうとしてましたので。

そして時が経ち、四十路を手前にして、赤ちゃんができて三人の暮らしになりました。
恋バナを繰り広げた同僚は、全員!!!結婚して子持ちになりました。
これは予想外かも。
意外とシングルもDINKSもいなかった。

赤ちゃんを見ていると本当に可愛く愛おしい。
ほっぺにチューとしながら、
「君もいつか好きな人できるの?」
「すきな人とチューするの?」
と聞いてしまう。

赤ちゃん、わからずニッコリ。

今はわたしにゾッコンの赤ちゃん。
いつかママより好きな人ができて恋をしてしまうのだね。
それは喜ばしいことです。

恋バナを打ち明けられる日はくるのかなぁ。
幼い恋か本気の恋か。
恋バナをしあう友達ができればいいと思う。

8か月の成長記録を書くつもりが恋バナコラムで終わってしまった。

すっかりママのわたし。
いつかもう一度恋をするのかなぁ。
期待と不安。

母乳あげながらそんなことを思うふとどきものです。
心は自由だ!!