読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中年こそだて自由帳

子宮筋腫と子宮腺筋症合併妊娠から高齢出産しました。現在、育休中のこそだて日記いろいろ。

育休中のお友だち付き合い

育休生活 思うこと

赤ちゃん8ヶ月が過ぎ、育児主婦生活にすっかり馴染んでおります。

懸念していた、いわゆるママ友。
ママになってからの子どもを込みでのお友だち付き合いは、思った以上に良いものです(´▽`)ノ

わたし、コミュ力あったんや…と発見。

さらにしばらく疎遠だった友だちとの付き合いが復活したり、近所の義母との付き合いが深まったり、地域ボランティア仲間に入れてもらったり、仕事関係と離れた分を補償してくれている感じです。
自分が求めているというか。
不思議とこちらが育児休業中とは知らず懐かしい友だちから連絡が来たりも。

まずはママ友について。
名前をなくした女神」が好きで(杏さんのファン!このドラマ面白かった)私の中ではこのイメージ。
ボスママ木村佳乃、病んでる尾野真千子、コワいりょう、ヤンキー倉科カナ…こんな中にはやってけん(。>ω<。)
いま人気の高橋一生もDV夫役で出てました。
ワクワクして毎回楽しんだ。

最近では「硝子の塔」も少し観てました。
正直、面白くなかった( -_-)
面白くなりそう、なまま、ご都合主義で豪華キャストの無駄使いでした。最終回ひどかったなー。
認知症なめんなと思いました。
ここでもママ友バトル?が繰り広げられました。

とドラマでのドロドロママ友バトルに恐怖でしたが、全然違いました!
そもそもタワーマンションではない。
都心ではない。
そして、ドラマは誇張しているという単純な事実。

わたし周辺は至って平和。
母親教室で知り合った方を通じて子どもセンターで数人のお友だちができました!
ラインで情報交換したり、センターのイベント行ったり、近所にお茶しにいったり、先日はわが家にお招きしてのんびり過ごしました。

何とも嬉しい。

ずっと仕事中心の生活で友人は学生時代からの人たちと仕事関係者がほとんどでしたので、まったく別ルートから色んな年齢、背景、キャラクターの新たな出会い!
文字通り世界が広がりました。
仕事関係はどうしても役割意識が抜けなくて心からリラックスして付き合えなかったのが、ただの子育て主婦同士のシンプルなお付き合いに。
年齢はわたしが上ですがあまり気にしないようにしてます。
たぶん若い方のほうが上の人に話しかけにくいので、こちらが楽な気持ちで話しかけるように。
年長だからと卑屈にならず上からにもならず、ふつうに。
たまたま素敵なお仲間に恵まれた。
思いがけないラッキーでした☆
子育て友だちとの楽しみには、大人同士の話だけでなく、お互いの子どもの成長を見ること。
わたし友だちの子の大ファン(笑)みんな可愛くて彼らに会いたいのも集まる理由のひとつ。

そして旧友と。
仕事を週5.5日の生活を14年続けてきた私。
日曜は家事と静養と買い物で終わり、友だちと疎遠になりがちでした。
とくに転職したり子育てで主婦になった友だちとはなかなか時間が合わず…
それがやっと時間が合いました!
旧友だけでなくゆっくり会いたかった仕事仲間とも、赤ちゃん紹介を兼ねて自宅にきてもらうことができるように。
夫と共通の友だち、子持ちの親戚とも会えました。
これまでとは異なる距離感との付き合いになる予感です。
SNSの普及のおかげで、数年ぶりでも近況がわかって久しぶりな感じはしない。
また、転居を予定している遊び仲間ともすごく久しぶりにライブに行くことまでできた!
10年前によく出かけたミュージシャンが新メンバーを迎えたライブ、最高でした。
赤ちゃんは夫に任せて。ついでに軽くBARにも寄ってしまいました(^o^)ノンアルです。

5月の復職まで、まだまだ会いたい友と再会を計画中。
思いがけない育休生活になってます。

けっこう人とのつながりを求めるタイプみたいです。
ブログでのコメント等を通じたお付き合いも楽しいです。
読んでくださりありがとうございます。

これからママ友に不安をお持ちの方、大丈夫ですよ!(たぶん)とお伝えしたいです(*ゝω・*)ノ